地域の電力創生を
地域のチカラで
再生エネルギーを使い
豊かなカタチある未来を
創造する

地球温暖化による自然災害発生や環境破壊を防ぐためSDGs(持続可能な開発目標)の一つとして全世界的に再生可能エネルギーの普及促進が求められています。

我々は、自然由来の燃料から生み出すクリーンなエネルギーを地域に供給する事で、地球環境改善の一助となる役割を担い、また地域の発展への貢献をめざします。

次世代がキレイで美しい地球で豊かで実りある生活を引き継ぐために、、、

発電所概要

発電所名

米子バイオマス発電所

所在地

〒683-0101 鳥取県米子市大篠津町3153-1

事業者名

米子バイオマス発電合同会社

事業内容

木質バイオマス発電

発電出力

約54,500㎾

年間発電量

約3.9億kWh(一般家庭約125,000世帯分に相当)

商業運転開始

2022年3月(予定)

沿革

2018年1月26日

米子市と旧事業者とで発電所進出に関する協定書を締結
※現事業者へ承継

2018年6月19日

米子バイオマス発電合同会社設立

2018年7月31日

米子市、大篠津地区自治連合会、崎津地区自治連合会、和田地区自治連合会と旧事業者とで生活環境保全に関する協定書を締結
※現事業者へ承継

2019年2月28日

再生可能エネルギー発電事業に関する権利取得

2019年8月5日

着工

2022年3月

商業運転開始(予定)

事業運営会社

『米子バイオマス発電合同会社』は中部電力株式会社、三菱HCキャピタル株式会社、東急不動産株式会社、シンエネルギー開発株式会社、三光株式会社の5社から出資を受けています。

アクセス